目的別

いけにえと雪のセツナ

いけにえと雪のセツナ
評価3.3
9件のレビュー

発売日2017年3月3日
メーカースクウェア・エニックス
開発元 Tokyo RPG Factory
ジャンルRPG
プレイ人数1人用
DLソフト ¥5,184 / 1.3GB
CEROB
その他
  • クォータービュー
参照数-
人気ランク23位
eショップ-
ファミ通 -
リンク
種類定価
通常版 ¥5,184
限定版 -
廉価版 -
サイト新品最安値中古最安値前日最安値
Amazon¥5,140¥3,900 ¥3,900
楽天市場¥4,550¥4,514 ¥4,514
Yahoo!¥4,330¥4,298 ¥4,298
※2017.05.28 00:00 更新
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

概要

  • 2016年2月にPS4/PS Vitaで発売された「いけにえと雪のセツナ」がニンテンドースイッチのローンチタイトルとして登場。キャッチコピーは「あの頃、みんなRPGに夢中だった。とりもどそう。ボクたちのRPG―」。Nintendo Switch版では新要素「時の闘技場」を追加。無料DLCをダウンロードし、特定の場所までメインシナリオを進めることでデータのアップロード・ダウンロードが可能になり、他のプレイヤーのパーティとバトルが楽しめる。

    本作は国産RPGの黄金期である1990年代を強く意識した作品。さまざまな街を訪れ、ダンジョンを攻略し、徐々に成長を実感する「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などの名作をリスペクトして開発された。見下ろし型のフィールドやコマンド選択式のバトルなど、往年のRPGファンが慣れ親しんだシステムを採用しつつ、新たな技術を盛り込んでクオリティを高めている。

    舞台は、雪に閉ざされた極寒の島。10年に一度のいけにえの儀式によって魔物被害を抑制してきたが、10年経たずに被害が急増したため、新たないけにえとして18歳の少女・セツナが選ばれた。彼女は自らの使命を果たすべく、主人公をはじめとする護送団とともに儀式が行われる「最果ての地」に旅立つ。バトルやイベントはフィールドからシームレスに展開。各フィールドへの移動はワールドマップから行う。キャラは武器や防具のほかにも「法石」を装備でき、それに応じた技や魔法を覚えたり、特殊効果を得たりする。

    最大3人パーティによる戦闘は「クロノ・トリガー」のATB(アクティブタイムバトル)2.0をベースに設計されており、ATBゲージがたまったキャラから行動する。敵との位置関係によっては一定範囲内や飛び道具の軌跡上の敵すべてを攻撃できる。また、円形の「刹那ゲージ」がたまっていれば、技の発動時にタイミングよくボタンを押すことで、連続攻撃やクリティカル確定などの追加効果が得られる。複数のキャラが協力して放つ連携技も強力だ。

動画

2017年01月13日公開 00:32

口コミ

まだ口コミはありません。

01